タクシーといえば中~高年男性のイメージが強く、業界全体がまだまだ若手不足という会社がほとんどではないでしょうか。

もちろん対策として様々な取り組みを重ね、若手の積極採用をおこなっており若手乗務員が増えては来ています。しかし都心部を除くとまだまだ厳しい状態です。

今回は、仙台市で「20代」さらに「女性乗務員」が活躍しているニュースが入りましたのでご紹介いたします。

 %e7%84%a1%e9%a1%8c

20代女性乗務員

仙台市内のタクシー会社で、20代の女性乗務員が活躍しています。今年4月入社して早くも半年が経過。中高年男性が主体の業界で20代の若手は珍しく、しかも女性とあって注目を浴びています。

鈴木さんが勤務するのは日交タクシーを運行するグリーンキャブ仙台支社。県内最大手であり乗務員約400人を抱えていますが、そのうち女性は10人に満たない。今春、ほかに26歳の女性も入社し、ともにハンドルを握り活躍しています。

「女性採用を積極的に進めているが、20代女性は2人が初。仙台を含め東北でも初めてではないか」と同社。県タクシー協会も「業界では人材確保やサービス向上の観点から大卒や新卒を積極採用する動きが出ているが、東京の一部大手に限られるのが実情。地方では難しく、男女とも20代はほとんどいないだろう」と話す。

運転手に憧れて転職

この女性乗務員さんは2年前に仙台で就職。「地図を見て、ドライブや旅行をするのが好き。タクシー運転手へのあこがれもあった」と転職しました。

大学時代に普通免許、入社後すぐに会社の助成で2種免許を取得。5月にデビューし、間もなく半年になります。

乗客にも評判で、道に不案内でも親切に教えてもらったり、お茶や菓子の差し入れを受けたりすることもあるといいます。「多くのお客さまを乗せ、的確にお届けできるよう頑張る」と業務に励んでいました。

 

20代女性が運転するタクシーということもあり評判は上々の様子。

他の20代女性からの応募が増えるきっかけになることを願います。

bottom1