smartphone_app

過去にも何度かお伝えしているスマートフォン(スマホ)のアプリ「全国タクシー」を使ってタクシーを呼べるシステムが全国に広がってきています。

タクシー配車アプリ

「全国タクシー」は全都道府県をカバーし、累計配車台数は400万台以上。タクシーの少ない過疎地域では、アプリを使った配車サービスで住民ドライバーと利用したい人をマッチングさせるなど需要が高まってきています。

スピード配車

台風による豪雨や、急な停電時に利用した方は「タクシー会社に電話しても繋がらなかった。呼ぶとすぐに来てもらえて助かった。」と安心した声も。

大阪のあるタクシー会社では予約の12%をスマホアプリからの依頼が占める。

接待相手を送迎したい企業の営業担当者や海外からの観光客、出張で来たサラリーマンの利用も多い。

ドライバーからは「アプリが導入されてから、呼ばれる回数が増えた。お客さまにとってもドライバーにとってもありがたいシステム」と上機嫌で話していました。

アプリが開発された背景には、タクシー利用者が減少しつつあることへの業界の危機感があるといいます。「全国タクシー」を開発した日本交通ですが、初めは同社のタクシーだけを配車するアプリをリリースしていました。

しかし、「東京以外でもタクシーが呼べないのか」といった要望が相次いだ事もあり、他社と提携して新たに立ち上げたのが「全国タクシー」です。

現在は全都道府県で約3万台が対応し、アプリのダウンロード数は28年2月には、200万を超えるほど。累計配車台数は400万台以上に上る。

さらに利便性を高めようと、コンビニエンスストアにタブレットを設置し、スマホを持っていない人もアプリを利用できるように細かい気配りも。

また、タクシー内のタブレットで企業の広告動画を見た人にクーポンを発行し、ネット決済時に料金を割引するなどの実証実験も進めている。

ITをうまく使って、より親しんでもらえる乗り物にしていきたらと話しています。

先日も急な停電のニュースがあったところ。

みなさんも、そういう時にぜひ活用してみては?

 

bottom1