kankou_white_family

外国人向けタクシー乗り場、利用者の反応は?

全国初となる外国人向けタクシーの専用乗り場が3月に、京都市下京区のJR京都駅烏丸口駅前広場に開設されています。実証実験として来年3月末まで約1年間設けられ、外国語や接遇の研修を受けた運転手の乗るタクシーが待機しています。

国際観光都市・京都の一層の「おもてなし」向上につながるか注目されています。

市や国土交通省近畿運輸局、京都府タクシー協会などで実行委員会を作り開設しました。市などが昨年、京都を観光で訪れた外国人を対象に行ったアンケートによると、日本でタクシーを利用した経験者は約4割にとどまっています。外国人が安心して利用できる環境を整え、潜在的な需要や、利用増に向けた課題を把握するのが狙いとなっています。

専用乗り場(9台分)は、烏丸口駅前広場にある一般タクシー乗り場の東側で、午前9時から午後5時まで開設。

実行委が「フォーリンフレンドリータクシー」として認定した23社・組合の69台がこの乗り場を拠点に営業しています。担当の運転手87人は英語や中国語を話せたり、翻訳アプリの入った携帯端末を使いこなせたりします。車両には専用のあんどんも取り付けられておりアピールはばっちりです。

当日は大きな荷物を持った外国人たちが、さっそく専用乗り場からタクシーに乗り込む様子がみられました。

導入から半年、利用者の声は?

上記のサービスが開始してから半年がたちましたが利用者の声はどうなっているのでしょうか?

全国で初めて京都駅(京都市下京区)に設けられた外国人向けタクシー専用乗り場。

実は、利用者の大半から好評を得ていることが市などのアンケートで分かりました。一方で、台数が十分確保できていないという課題も。

アンケートは実行委が実施し、3月1日~23日に利用した外国人474人が回答しました。

専用乗り場について、「京都駅からタクシーに乗る時は利用したいか」に「YES」と答えた人が97・9%に達しました。

複数回答可で理由を尋ねたところ、「フレンドリー」(16・6%)が一番多く、「便利」(15・1%)、「外国語で対応できる」(9・9%)とあります。

また京都駅以外で同種のタクシーを利用する方法については、7割が専用乗り場設置、2割は配車アプリ開発をしてほしいと回答しました。

アンケートと同時期に行った外国人向けタクシーの運行状況調査では、専用乗り場の1日当たり平均利用回数が71・6回(1時間で8~9回)で、運転手からは「日時によっては待機する車の台数が不足する」との意見がありました。

いかがでしょうか?台数不足という課題がみえましたが、利用したいという声が9割を超えるという良い結果もでています。

外国人観光客の満足度向上に向けて、今後も取り組んでいってもらいたいですね。

 

 

bottom1