今回は、実際に養成乗務員として採用になった場合に必要な二種免許取得の合宿についてご紹介したいと思います。

「二種免許費用はどういう流れで取得するの?」「合宿なの?」といったご質問を受けることもあり

一例ではありますが実際に養成として入社した乗務員さんへ詳細をお聞きしてきました。

s004_332

【合宿の環境について】

 

Q.教習というと「通い」「合宿」の二つのパターンに分かれてきますが、Aさんの場合はどうされたのでしょうか?

 

A.私の採用された会社は、通いと合宿の両方を選ぶことができたのですが、地方出身でなるべく早く免許を取得したいという理由から合宿を選びました。

泊まる場所は、教習所敷地内の合宿所に泊まり込みで部屋は個室でした。→期間は2週間。

聞くところによると、昔は大部屋に数人が同居する形だったのが、今は受講者が少ないので個室を利用する事が出来たそうです。

 

Q.何か特別なルールや制限はありましたか?

 

A.はい。外出は可能でしたが、泊まり込む施設の門限があり22:00までに帰宅しなくてはなりませんでした。

また、毎日教習を受けるために車を運転しますので禁酒でした。

深酒して次の日にお酒が残っていたら教習を受けさせてもらえませんので。

日頃から余り飲む事は無いので気にはなりませんでしたが普段から嗜む方からすると、たかが2週間、されど2週間といった気持ちでしょうか。

但し、今後生活する為の免許取得のため我慢するしかありませんね。

 

Q.食事などはどうされていましたか?

 

A.食事は、施設の食堂を食券制度で利用していました。

2週間分を一度に購入すると1食分安くなるようなサービスや日替わり定食などもあり飽きる事は無かったですね。

 

Q.実際体験したうえでのメリットやアドバイスをお聞かせください。

 

A.メリットとしては、取得までの日数が早いことや、同じクラスの方と情報共有が出来る。(年齢層で多いのは40~50代。)などがありますね。

もちろん教習所の中には、家庭持ちの通いで2種免許取得する人もいました。年齢層は60代くらいのかたが多く見受けられましたのでご自身で取得されに来ていたのだと思います。

自宅から教習所まで近ければ通いのほうが良いかもしれません。但し、時間がかかる、急なカリキュラムの変更など生じた際に、キャンセル扱いとなり、次回は1週間後になります。といったケースも目にしたこともあります。それと費用も上がります。

まあ、体験談として一つ言えるのは「やはり合宿が良い。」ということですね。

 

ありがとうございました。

 

いかがでしょうか?養成制度で合宿を利用した方からの意見ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

また、タク転ではインタビューに協力してくださるドライバーさんも募集しています!ご協力いただける方からのご応募お待ちしております!

bottom1