履歴書によっては「賞罰」を書く欄があります。その場合は、「賞」については過去の受賞歴や表彰歴を記入しましょう。大会または賞の知名度や規模などから判断して、応募している会社にアピールできると思うものを選んで書けばよいです。

一方で「罰」とは、刑法犯での有罪判決を指します。詳しくは以下で説明しますが、賞罰については特にないかたも多いかと思いますので、その場合は「なし」と記載すればよいでしょう。

ojisan3_question

前科がある場合は「罰」を記入する

 

刑法犯で有罪判決を受けた場合とは、すなわち前科のある人を指します。刑法犯として起訴され、裁判で有罪判決を受けた人のことです。

したがって、以下の場合は履歴書に記載すべき罰には該当しないため、記入する必要はありません。

  • 刑事事件になっているが、まだ刑事公判が続いている
  • 刑事事件となったが、起訴猶予となった(いわゆる前歴がある場合)
  • 示談となり、不起訴となった
  • 交通事故や違反など(業務上過失障害などに問われた場合は別)

そもそも賞罰を書く必要はある?

厚労省推奨のJIS規格の履歴書には「賞罰」欄はありません。そのため、選ぶ履歴書によってはそもそも賞罰を書く必要はないのです。ただし、会社指定の履歴書に賞罰欄があるときは正直に書いたほうがよいでしょう。

履歴書で虚偽の記載をした場合申告すべき内容があるのに書かなかった場合は告知義務違反となる可能性がありますし、虚偽の記載をした場合は経歴詐称とみなされる可能性があります。

大半の会社では、就業規則などで「入社時に告知義務違反があった場合は、解雇事由に該当する」などと定めています。たとえ入社できたとしても、入社後に解雇される可能性があることは覚えておくべきでしょう。

履歴書への記載でなくとも、面接で尋ねられた場合などでも同様であり、原則的として正直に答える必要があります。嘘をついたことで告知義務違反や経歴詐称とみなされる可能性はゼロではないので、十分注意して記入してください。

bottom1