夏も終わりそろそろ寒いシーズンが到来してくるころ

外でじっとしている時間って極力避けたくなりますよね。

さらに、皆さんご経験あるかと思いますが、大雨など天候が荒れたときに困るのが、タクシーをなかなか捕まえられないこと。

大雨、大雪のときには、タクシー乗り場には長蛇の列ができているのを見かけることもしばしば。

深夜には繁華街で多くの人が空車のタクシーを捕まえようとしていたが、通るのは「賃走」「回送」「迎車」のタクシーばかり。

そんなとき、早くタクシーを捕まえるにはどうしたらいいのでしょうか?

そういう時は、その道のプロに聞けということで、現役タクシー運転手に聞いてみました。
gyouretsu

アプリを利用しよう

オススメなのが、タクシー会社が提供しているアプリを使うこと。

お客さんのスマホのGPS位置情報を、一番近い場所にいる運転手にデジタルで自動配信されます。

運転手の無線機には、その位置の表示が出るので、すぐに向かうことができます。

配車の電話だと混雑してオペレーターが出られないケースもありますが、アプリならそれはありません。電話するよりも早く来る可能性が高いです。

駅などのタクシー乗り場が混雑している時は?

乗り場からちょっと離れた場所まで歩いてみては?タクシーの列が見えないところまで行って、走っている空車のタクシーを見つけることです。見えるところだと、こちらとしては、乗り場で並んでいるタクシーに遠慮して停めづらい気持ちがあります。うまく空車のタクシーが通れば、長蛇の列の後ろに並ぶより、だいぶ早く乗れると思います。

空車を見つけるには

繁華街から郊外に帰宅する場合、帰る方向の車線のタクシーに乗りたくなりますが、繁華街に向かう車線のほうがタクシーの数は多いです。そちらで拾ってUターンしてもらうことを考えたほうが、早く見つけられる可能性は高まります。
 
なるほど、少しの手間をかけることによって並ぶ時間よりも早く乗車することが可能になるということですね。

皆さんもぜひ試してみては??

bottom1