medical_ganka_adult

運転をお仕事とする以上、目の疲れや長時間同じ姿勢の為に起きてしまう体の疲れ。

上手に付き合っていかなければいけないと思いますよね。

この記事でもストレッチなどはご紹介してきましたが、今回は「目」の疲れについて

運転していて目が疲れる、そんな時は目薬を使う事が有効です。そこで目薬についてご紹介したいと思います。

市販されている目薬は、大きく分けると以下の5タイプです。

人工涙液

目を潤して、目の乾きやコンタクトレンズによる不快感を

和らげます。涙と似た成分で作られているので、目の刺激

がとても少ないです。

 

眼精疲労回復

目の疲れを解消するビタミンが含まれています。

 

アレルギー対策

花粉症やハウスダストなどによる目のかゆみなどを抑えます。

 

抗菌作用

細菌感染による結膜炎やものもらいなどになったときに使います。

 

充血解消

目の充血を和らげます。

血管収縮剤という薬により血管を収縮させ、充血をなくします。

 

このように、目薬の種類だけでも様々でどれを選べば良いか迷いますよね?

運転による眼の疲れには 1.人工涙液か2.眼精疲労回復の

目薬を使います。たまに癖のように頻繁に目薬を使用される方がいますが

差し過ぎてしまうと、目薬に含まれている防腐剤が目を傷つける

など目に悪影響を与えることがあります。

 

もし、市販の目薬を使っても、効果が無いような場合はきちんと眼科での診察を受けましょう

眼科で処方される目薬は、症状に合った成分だけをたくさん

含んでいるので市販品に比べ高い効果が期待できます。

 

運転を職業とする以上は欠かせない体のケア「タク転」過去記事のストレッチと併せてご活用ください!

bottom1