ojiisan

若い人達の中でも就職難が続く中、高年齢層での仕事探しはさらに難しいと言えます。 実際に就職活動をしていて切実にそう感じておられる方もおられるでしょうし、これから仕事探しに挑む方も多くの不安を抱えておられるかと思います。しかし、十分な対策を講じて、自分の年齢層に合った就職活動をきちんと行なえば、道は開けてきます。では、具体的にどのように就職活動を進めていけば良いのでしょうか?

高齢者の転職は時間をかけて探す

高年齢層は、他の現役世代と比べて幾分か時間にゆとりがある方も多いのではないでしょうか?実は、この「時間」こそが60代以降の就職活動の大きな武器となってきます。30~40代では子育てなどでなかなか時間が取れず、満足な転職活動をできないでいる方もいます。そういった年齢層と比べれば、就職活動にあてられる時間が十分とれるという面で、高年齢層は優位に立っていると言えます。

60代以降で就職活動を行う場合、ハローワークだけでは非常に厳しいと断言せざるを得ません。まず、ハローワークを利用するには、実際にハローワークの建物まで足を運ぶ必要があります。都市部の中心に住んでいて、ハローワークも徒歩圏内という方は、もちろん利用する価値はあると思いますが、そうでない方はハローワークに行くのも時間がかかります。しかも、高年齢向けの求人が常に豊富にあるわけではありません。せっかく苦労してハローワークに出かけても、希望する案件がひとつも無ければ、応募さえできずに帰るしかありません。

どうやって探し出せば?

では、どうすれば効率的に仕事を探すことができるのでしょうか。

高齢層向けの求人は少ないなりにも決して皆無という訳ではありません。

業界によっては積極採用をおこなっています。

特に多く見受けられるのがドライバー業務。専門の知識等は必要なく、若者より経験も豊富な高齢層の安全運転が好まれる(安心される)場合があります。

決して一つの分野にこだわらずに、様々な業種を視野にお考え直してみてはいかがでしょうか?

思いもよらない好条件が見つかる事もございます。

【タク転】では60歳以上、未経験の方でも積極採用されている企業様のご紹介も可能です。お気軽に下記よりお問合せ下さい。

 

 

bottom1