こんなタクシー嫌だった!

「志望理由・志望動機」は、企業が応募者の入社への本気度や強い意志を測り、見分けるための大事な判断材料。なかなか面接が突破できないとお悩みの人は、もしかしたら「志望理由」に問題があるのかもしれません。面接では業種・職種を問わず「不採用となるNG回答」が存在するようです。

人事担当者の不評を買った「NG志望理由」をご紹介いたします。

 

口先だけの志望理由

 

実は非常に多いのが「志望理由が漠然としすぎていて伝わらない」、「とにかく熱意だけで押し切ろうとする」など、“志望理由になっていない志望理由”を語ってしまう人。面接では「なぜその会社なのか?」具体的に述べるのが鉄則。事前にホームページのチェックや企業研究をして、志望理由を説明できるように準備しておく必要があります。

 

勉強になるから

 

意外とありがちなのが「勉強熱心さ」をアピールして玉砕するパターン。「御社で勉強したい」という志望理由は、本人的には前向きな姿勢をアピールしているつもりでも、企業側には「自ら戦力になろうとしない受身な人間」と捉えられる可能性大。原則として「会社は勉強をしに行くところではない」いかに貢献できるか働く意欲をみせましょう。

 

給与や待遇ばかり質問する

 

もちろん待遇面は大事ですし、給与やお休み、残業について気にしてしまうのは偽らざる本音かもしれません。ですが、あまりにもそれをグイグイ全面に出し過ぎるのは避けたいところです。志望理由はあくまで事業内容、仕事内容に照らしたものであることが望ましいでしょう。

待遇ばかり気にして働く気があるのか疑問に感じられますね。

 

仕事内容は関係なし?場所で選びました?

 

仕事内容や企業そのものではなく、企業の地理的な場所を志望理由に挙げてしまうのはNG。確かに応募者にとって「働く場所」は企業選びの重要なポイントの一つですが、企業側から見ると「その企業で働きたい理由」にはなりません。逆に、場所ありきで「どの企業でも良かった」なんて印象を与えてしまうかもしれません。

 

上記のようなケースに身に覚えのある方は、もう一度見直してみる必要があるかと思われます。参考にしてみては??

bottom1