以前に引き続き、またもや無賃乗車に関するニュースが飛び込んできましたのでご紹介いたします。

 410円タクシー

東京→岡山間21万7千円

 

東京都内から約600キロ余り離れた岡山県赤磐市まで、タクシーに無賃乗車したとして、赤磐署は10日深夜、詐欺の疑いで岡山市生まれ、住所不定、自称無職の男(49)を逮捕しました。

逮捕容疑は同日午前5時40分ごろ、東京都大田区の路上で、所持金がわずかしかないのに「帰省するので岡山へ」などと言って、タクシーに乗車。高速道などを経由して、赤磐市下市まで行き、乗車料金と高速道料金計約21万7千円を支払わなかった疑い。

同署によると、男は乗車する際、詳細な行き先について運転手男性(55)に「山陽インターチェンジまで行けば分かる」「友人が払ってくれる」などと運転手に告げて乗車。

岡山市内の高校出身で、高校時代の友人の名前を語ったという。しかし、友人宅とする目的地が実在せず約12時間後、赤磐市内に着いてからもあやふやだったため、運転手が交番に寄った。

署員がこの友人に連絡したところ、この友人は「高校卒業以来、音信不通」と返答した。

同容疑者の虚偽発言を確認し、無賃乗車と判断。同日午後11時過ぎに逮捕した。同容疑者は「払うつもりはあった」と容疑を否認したが、所持金は300円に満たなかった。

高校卒業後は日本各地を転々とし、今回のような詐欺の犯歴があるという。

以前に引き続き、またしても高額な無賃乗車による逮捕者が現れました。

多少なりともタクシー業界に関わりのある身として非常に許せない事件ですね。

相次ぐ長距離の無賃乗車に対策が必要と考えられます。

 

 

bottom1