以前、介護タクシーと福祉タクシーの違いについて問い合わせがありましたので、ご紹介したいと思います。

一般的に総称されている「介護タクシー」にはどんな種類があり制約・規定があるのかご説明します。

・介護タクシー

・福祉タクシー

・ヘルパータクシー

この3種類がありますが、あまりお聞きしない「ヘルパータクシー」から説明します。

a0002_003884

ヘルパータクシーとは?

ドライバーは2種免許がなくてもホームヘルパー2級以上の資格をもち、介護保険や身障者対応の

支援費制度を利用する有償運送(第79条及び第80条許可)登録のタクシーのことをいいます。
ドライバーには2種免許の代わりにケア輸送サービス等の研修が義務づけているといのが規定となっています。

どういうことかというと、介護施設及び介護事業所において

ディサービスでは利用者の方を朝に自宅から、午後にはご自宅へと車輌にて移送をしなければなりません。

この場合、介護タクシーや福祉タクシーでなくても移送業務が可能だということです。

介護タクシーとは?

介護や補助の必要な高齢者,身障者の利用時に,自宅のベットや車椅子からの乗降などさまざまな介助をする

タクシーのことをいいます。
ドライバーが2種免許及びホームヘルパーの資格をもち,介護保険で通院等乗降介助及び身体介護として

利用できるタクシーと介護保険を利用しない現金で対応をするタクシー等の二つに分かれます。

つまり、介護タクシーは保険対象もあり、対象なしでも利用できることから一般的呼び名になっています。

福祉タクシーとは?

身体障害者の外出時のタクシー利用を補助する目的で,市町村が料金の一部を負担する等の制度でできたタクシーのことをいいます。
車椅子のまま乗車できるリフト付タクシーなどがあり、料金は介護保険は使用しない現金及び市町村一部補助扱いがほとんどです。

〔高齢者は対象とならない制度なので,別に高齢者向けにシルバー-タクシーなどの制度を設けている自治体もあります。〕

介護タクシーの説明では、介護保険で通院等乗降介助及び身体介護として

利用できるタクシーと介護保険を利用しない現金で対応をするタクシー等の二つに分かれます。

この二つに別れることは「福祉タクシー」ではありえないということです。

多くの開業者は個人であり、個人では介護保険対象業者にはなり得ない条件があるからです。

それはNPOであっても法人でなければ申請要件に該当しないからです。

つまり一般的に呼ばれている介護タクシーは、正確には「福祉タクシー」と呼ばなければならないことがわかると思います。

「福祉タクシー」や「介護タクシー」であれ、営業地域の自治体から「介護タクシー利用券」が発行され、該当利用者は援助を受けています。

その利用者の居住地域自体に登録している業者は、タクシー券を有する利用者を顧客とすることが出来る反面、メーター金額から10%の割引しなければならないことになっています。

この様に様々な形で分けられているタクシーですが当サイトでは介護タクシーへの転職支援もおこなっていますので是非お問合せ下さい!

 

 

bottom1