PAK160327390I9A9063_TP_V

運転が好きな人は、どれだけ車に乗って運転していようが全く苦痛にならないし、行くあてもなくドライブするのが大好きな方もいます。そのような方からすれば、1日中運転できお金も稼げるタクシードライバーは魅力に溢れた仕事かもしれません。

しかし、タクシーの運転はただのドライブではなく立派なお仕事。お客様の安全を守るために、細かいルールがあります。今回はタクシーの走行距離に焦点を当てて、1日どのくらい走行するのか?制限はあるのか?をご紹介いたします。

安全が第一

あまり知られていないのが、タクシーが1日に運転できる走行距離の限界です。これは、過剰な競争とドライバーの過労を防ぐために、様々な地域が最高常務距離を設けています。走行距離の限界は各地域によって異なりますが、日勤で近畿地方が275km北海道では280kmとなっており、その他の地域でもだいたい同じくらいの上限です。また、隔日勤務者はこれよりも100キロほど長く走ることができます。

このように、あまり知られていませんが厳しく制限がされていますね。

しかしこの数字は確定ではなく、最高常務距離を定めるのは違法だとタクシー会社が裁判を起こすケースなどもあり今後も変化するでしょう。

会社によって違う

地域が1日の限界走行距離を決めていても、自主的に各タクシー会社の方で地域の公示よりも少ない走行距離を定めているところがあります。お客様の安全を第一に考えるとともに、ドライバーの負担軽減もきちんと考えている印象を受けますね。
走行距離制限を嫌うタクシー会社もありますが、地域の公示のおかげで短い労働時間で仕事を終えられる運転手も多くいるようです。しかし一方で、お金を稼ぎたいドライバーにとって距離を制限されるのは厄介です。就職したいタクシー会社があれば、最高常務距離について聞いてみましょう。

 

以上が走行距離から見たタクシードライバーの仕事でした。お客様の安全を預かる仕事として厳重に管理されているという印象が強かったですね。

最高乗務距離のついてのご質問は下記までお気軽にお問合せ下さい。

 

bottom1