筆者はタクシーを利用した時に毎回ドライバーさんにお話を聞くのですが、

いろいろなドライバーさんからのお話がありますが、今回はその中から

「タクシードライバーになってよかったこと」

をお伝えいたします。

ドライバーの良いところ

 

車庫から出庫すると一人になれる

 

多くのドライバーの方が最初に挙げるのがこれですね。いろいろな取引をする営業マンや、事務所勤めの方は、嫌な上司の顔を見ながら仕事をしたり、部下の責任を取ったりなど様々な人間関係が存在し頭を抱えている方が多いです。ですが、タクシードライバーは出庫してしまえば入庫までは基本的にお客様以外の人と話すことはありません。ですので業務以外で悩むことがないから楽と言われる方が多いですね。

基本的に同じお客様に出会わない

 

日々営業をする中で、いろんな時間、いろんな場所を走っているタクシーですので毎週決まった予約のような場合以外は基本的に同じお客様と出会うことは極めて珍しいと言います。ドライバーも営業、サービスを提供しているわけですが、人間ですので必ず苦手な人というのはいます。乗車いただいたお客様が苦手な人というケースもあります。ですが、基本的に同じお客様と出会わないので次の営業に引きずる必要がないということになります。上にあったように「苦手な上司に毎日会うのが嫌。」のような悩みもないわけですね。

ですがこのことに関して、少し寂しいと言うドライバーさんもいます。というのは、乗車していただいた方がすごく親切だったり、感じがよく目的地まで楽しく送り届けることができた時などに、いいお客様だったなー。もう一度あのお客様に会いたいなー。と思ったときでもなかなか会えないというのが寂しいと言う理由なんですね。

ときどきチップを頂ける

 

ご乗車頂いたお客様から、「おつりはいらないよ」「ありがとう、これでなにか飲んで。」など、料金とは別にチップを頂くことがあるんですね。これはサービスを提供して、気に入ってくださったお客様や楽しい時間をありがとう、という意味で下さることが多いので、日々のやりがいに繋がる!と言うドライバーさんの顔はすごくいい顔をしています。また、1回に頂けるチップは少ないかもしれませんが、1年、2年とコツコツ貯めていたお客様は20万~30万貯まったと言うので驚きですね!その例は珍しいかもしれませんが、休憩中のコーヒーだったり、たばこも買えるわけですからドライバーさんの大きな支えになっていることは間違いありませんね!

 

まだまだたくさん良いところはあるのですが、今回はこのあたりで。またいろいろなお話を伝えていきたいと思います!!

bottom1