以前ほど稼げなくなったとか、規制緩和で増えすぎたタクシーを減車しているとか、色々な話が聞こえるタクシー業界ですが、今まで本業の不振だけが理由で倒産したタクシー会社ってほぼ無いそうです。

実は会社そのものは古くからあったり歴史のあるところも多く、労働組合などもしっかりしています。もちろん歩合給なので頑張らなくてはなりませんが、まだまだ魅力のある仕事ですし、何しろ交通機関として絶えることが無いものですので、とても重要な仕事です。これから目指す方は参考までに読んでみましょう。

JY742_shinbashi_TP_V

どの会社にするか

大阪市内だけ見ても、ものすごい数のタクシー業者は存在します。

未経験者としては、その中から選ぶことになりますからそれだけで大仕事です

まずは、自分なりに調べてみて下さい。

その上で、年収希望・勤務地等ある程度条件を絞りましょう。専門のアドバイザーに相談する事もお勧めです。

a0002_011580

給料はどのくらい?

給料は歩合給です。基本給・ボーナスとありますが、タクシー会社も慈善事業ではありませんのでお客様を乗せて稼がないと入りません。歩率は会社によって違いますのであらかじめ確認しておきましょう。

今では給料保障など行っている会社も多いので注目してみると良いでしょう。

IMG_0390

面接・採用の流れ。

タクシー会社を選びました。給与のことも何となくわかりました。そしたら、決めた会社にアタックです!!
タクシー運転手は通勤時間も仕事にした方が良いという理由から、家より最も近いタクシー会社を選ばれる方もいます。

では、面接です。先ずは会社に電話を一本。「求人雑誌で拝見したのですが・・」等から入りましょう。あとは、通常の会社やお店などの面接と一緒です。スーツを着て清潔な身だしなみでいきましょう!!
必要な書類(履歴書等)を準備して臨みましょう。

採用が決まれば??

先ず健康診断に行かされます。その結果で決まると言ってもいいくらい、健康であることが運転手にとって重要になります。

因みに入社後も、年に2回は健康診断があります。健康に注意をするのは人の命を預かる交通に従事する者として当然です。しっかりやりましょう。

そして研修へ!

タクシーに必要な二種免許も持ってなく、周辺地理も自身が無い…不安がいっぱいですね。でも、多くのタクシー会社では育成に力を入れていて、むしろ経験者より、これから頑張る全くの新人さんを大事にする傾向すらあるように感じます。安心してください。

座学で交通法規を学んだり、事故や交通安全についての講習や、プロとしての心得など、この期間に勉強します。

ほとんどの方が中途採用という事情から、毎日のように人の出入りがあり数人入社する度に講習会を行う会社や、他のタクシー事業者と共同で講習会を行う会社など色々なケースがありますが、どこへ行ってもきちんと真面目に受講しましょう。

そして全ての運転手にタクシーセンターでの講習もあります。ここで、プロとしての常識、法規、地理試験が必要な区域では地理検定受験の勉強をします。

プロの免許「二種免許」の教習場に通います!

採用が決まりました。健康診断もクリアしました。タクシーセンターの講習も受講して地理検定もパスしました。その後は、乗客の命を預かる安全運転の技術を実地で学びます。二種免許の資格取得をする為です。

個人差はあっても1~2週間程度で取得できます。

二種免許に合格したら、いよいよ配属!

ここまで、面接の日から実は1ヶ月くらい経過しています。その間の生活費はどうすればいいのだろうかが切実な問題だと思います。

多くの会社は研修期間中の生活保障をしてくれることや、交通費や資格取得費用などの負担をしてくれます。日当で1万円とか、運転手になるまでにいくらとか決まっている会社もあり、生活は安心してください。

いざ!配属です。初めての乗務の日は緊張しますね。皆様も見たことがあるかもしれませんが、運転手が二人乗っているタクシーです。

運転しているのが新人で、助手席に乗っているのがベテランです。初日は二人で仕事をします。そこで、運転の注意点、仕事の取り方のコツなどを実務で学びます。

晴れてデビュー!

いよいよデビューです!!タクシーの運転手になり会社を出て出発です。

これまでお話を聞いたことのあるドライバーの皆さまも、ほぼ全員が初乗務時のことを覚えていました。

お客様から難波までと言われ「お客さん、スミマセン、今日からタクシーの運転手なんです。難波まで教えて下さい。スミマセン。」と普段ならスムーズに行ける場所でも緊張からか聞いてしまったりするようですね。

どうでしょうか?少しはイメージして頂けましたか?

もちろん地域によって順番は前後したり詳細の違いはありますが、だいたいこの様にデビューします。

今後タクシー乗務員を目指す方はぜひ、参考にしてみてください。

さらに細かい部分が知りたい!という方は気軽にお問合せ下さい!!

bottom1