どんな業界にも業界人にしかわからない独特な言い回しってありますよね?今回は、未経験から入社した方にも明日からすぐに使えるよう「用語」をまとめてみました。

お化け

ドライバーからしても、思いもよらない場所から長距離客が出ること。
例えば深夜、都心である程度数字を作って、大阪市内の車庫に帰りながら流している時に、御乗車のお客様が、「すいません、神戸まで!」みたいなパターン。

ドライバーも短距離だろうと予測をしてしまうのでビックリです!

タクシードライバーって本当に稼げるの?

万収(マンシュー)

1万円以上の売り上げになるお客様のこと。

大阪市内から神戸以降や、大阪~京都のような距離。

昼間に平均的な稼ぎをしてから、夜にマンシューが数本あれば、今日の売り上げは充分。嬉しいですね!

大きな忘れ物

タクシー無線用語で、大きな事件を起こした犯人のこと。
運転手が無線に応え、「はい、大きな忘れ物が載ってます」と言ったら、あなたが犯人?
「はいこちら大阪府警○○…現在、大きな忘れ物が浪速区方面、大きな忘れ物をされた方の特徴、やや小柄、メガネ、…、」犯人の特徴を言い出したのを覚えています。

煙突

タクシー運転手用語で「煙突」とは、メーターを入れないで営業をし、お客様から頂いた料金を横領すること。勿論窃盗罪です。
以前のタクシー・メーターは、現在のボタン式と違い、空車時に煙突のようなバーが立っていて、出発する際に、それを倒してスイッチにしていたことから言われるようになった言葉。

メーター不倒等というのも、元々の倒す行為から言われるようになっている。
最近、ここまで悪人の運転手は減ったと思われます。

yakusan20160801244612_TP_V

鞄の忘れ物

タクシー無線用語で、怪しい人が乗車した際の、無線局への報告の時に用いられる言葉。
運転手が無線局に「現在、鞄の忘れ物を載せています」と言ったら、あなたは疑われている可能性が…!

青タン

22時から、5時までの深夜割増メーターのことで、その時間帯のメーターが青くなることからこう呼ばれるようになった。

運転手同士の会話で、「せっかく【お化け】拾ったのに、すぐに5時になって【青タン】じゃなくなって、参ったよ…」等ありがちです…。

地べた

一般道のこと。中長距離のお客様をせっかく乗せても、高速を使えるところに「地べた」ではメーターも上がらないし、次の営業に早く入れない。

運転手としては、多少距離が伸びても歓迎出来ない仕事のこと。

運転手同士の会話で「参ったよ、十三から伊丹空港まで、阪神高速ならすぐなのにさぁ…。地べたでさぁ…。時間ばっかかかって金にならねぇよ…」等とよく使われるみたいです。

 

まだまだありますが今回は以上とさせて頂きます。

もちろん地域によっては使われていない事もありますが大体共通しています。

これであなたも一人前のドライバー…???

bottom1