タクシードライバーは他業種の会社員とは、感覚が違うといわれています。それもそのはず、簡単に説明するならば1日頑張れば1日休みの隔日勤務という勤務体系がそうといえます。

隔日勤務

この勤務体系は、1日の仕事時間が長いためキツく思われがちですが、次の日は必ず明け番(休み)ですのでゆっくり休むことができます。また、命を預かる仕事でもあるため法律による稼働時間の規定もあります。この隔日勤務では、法律により月に11~13日しか出勤してはいけないとなっていますので、月の半分以上が休みとなるのです。

一般的な会社員と一週間を比較してみると、

一例ですが、

   会社員            タクシードライバー

 出勤(残業あり?)   月曜日    勤務

 出勤(残業あり?)   火曜日    明け番(休み)

 出勤(残業あり?)   水曜日    勤務

 出勤(残業あり?)   木曜日    明け番(休み)

 出勤(残業あり?)   金曜日    勤務

 休み(休日出勤?)   土曜日    明け番(休み)

 休み(休日出勤?)   日曜日    公休

 

となります。明け番とは別に公休がありますので、組み合わせによれば3連休も作ることができます。一週間続けて出勤の会社員に対して、タクシードライバーは休みが非常に多いですね。また、平日の休みがあるため比較的人が少ないときに映画やショッピングなどに行けるということでドライバーの方はメリットと捉えています。

趣味に没頭できる時間がある

タクシードライバー休日読書や釣り、ゴルフ、野球、登山など様々な趣味をもっている方多数いらっしゃいます。特に、ゴルフに関しては平日に行けるため料金も安く日頃運転で固まった身体を動かせるということもあり大変人気です。「それは良い!」と魅力を感じゴルフ好きの方がタクシードライバーに転職したなんて話もあります!!

タクシードライバー休日

Deepsea

勤務中は長い時間の拘束となってしまいますが、休みが多いためいろいろなことができるのはタクシードライバーの良いところであり、他業種にはないところです。人間関係に疲れたり全然休みがなくて嫌だ!趣味に生きたい!なんて思っている方、タクシードライバーならその悩みはありません!一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

なんでもお気軽にご相談ください。ご連絡お待ちしております。

bottom1