a0001_005635大阪のタクシーは”長距離”が安い!関西人以外は知らない「5,000円超分5割引」サービスって?

東京から関西に行って驚くことのひとつがタクシー運賃の安さ。全国的に見ても、初乗り料金だけでなく長距離料金もかなりお得です。関西圏、特に大阪や京都で導入している会社が多いとされる長距離料金の割引サービス「5,000円超分5割引」っていったいどんなものなんでしょう

大阪は”タクシーが安い”

大阪や京都では、東京に比べて初乗り料金が安かったり、初乗りがワンコイン(500円)、深夜早朝割増がない24時間同一料金のタクシーなど様々な運賃サービスが存在する

関西人以外がびっくりするのが「5,000円超分5割引」のサービス

大阪特有の長距離乗車での割引サービス。「55割」とも呼ばれたりする。

5,000円を超えてからの運賃が5割引になるサービス

 

※総運賃から5000円を引いた分が5割引になる。例えば大阪南港から神戸元町まで実車約40km弱、深夜割増、長距離でも約8350円という安さ

《関西国際空港⇔大阪市内》で実感できる「5,000円超分5割引」

4000円近く運賃に差が出ることもある

関空に待機しているタクシーの多くは、この割引制度を導入していない。そのため《関西国際空港→大阪市内》は約12000円ほど。しかし《大阪市内→関西国際空港》で「5,000円超分5割引」サービスを実施しているタクシー会社を利用すると5000円超分が半額になり約8000円となる。
関空利用者の中には、大阪市内からタクシーを呼ぶ人もいるとか。

大阪のタクシーの安さを実感、関空までタクシーで往復。

大阪市内でタクシーを拾い、関空まで行ってみました。料金は5000円超分が半額になり約8000円。次に関空に待機しているタクシーで大阪市に戻ると1万2000円を超えた

東京では?

東京では9千円超1割引き、名古屋だと5千円超1割引きのサービスが多い

実はタクシー会社・運転手にとっては負担の大きい「5,000円超分5割引」ですが消費税増税後には「5,000円超分5割引」のサービスが縮小されてきているといいます。タクシー会社としては「5,000円超分5割引」のサービスは、売り上げアップにあまり貢献していないので、タクシー各社もやめたいのが本音です。しかし、「5,000円超分5割引」の縮小は利用者のタクシー離れを加速させる恐れもある為に頭を抱えているのが現状です。

bottom1