PPH_kemuriwohukukoujyou_TP_V普段、ガソリンが切れたときはガソリンスタンドへ行くと思うんですが、タクシーを見かけたことはないですよね?

実は、タクシーで使われている燃料は一般の車両とは違い「ガソリン」ではなく「LPガス」という燃料で走っているからなのです。

タクシーと一般の車両ではなぜ使われている燃料が違うのかなどをご紹介していきたいと思います。

タクシーの燃料【LPガスとは?】

タクシーの燃料は、LPガス=LPG(Liquefied Petroleum Gasの略)で石油を液化したものになります。主な成分にプロパン・ブタンなどが入っているため、聞き覚えのある言葉だと「プロパンガス」とも言われています。

身近なもので言うと、100円ライターの燃料にも同等のものが使われています。この燃料はコストが安く、更には環境にもいいと言われているため、タクシー業界で幅広く普及されるようになりました。

ディーゼル車のような黒い煙を出さない、環境に良い燃料なのでトラック業界にも普及するようになり、年々利用台数も増加する傾向になってきました。

 

なぜ一般に普及されないのか??

環境にもよく利用台数も増加の傾向にある「LPガス」ですが、何故一般車両に普及されないのでしょうか。

大きな原因の1つは、専用のスタンドが少ないからと言われています。地方では、長距離運転も頻繁にあるため、事前に確認しておかないとガス欠になるなどの問題もあります。

それに、「LPガス」は「ガソリン」に比べて馬力が出ないため、思うようなスピードが出せないのも一般車に普及できない大きな課題といえるでしょう。

また、現状では「LPガス」に対応している車種が極めて少ないことから、修理に出すにも毎回のように高額な金額がかかってしまいます。業務用で使用する車の場合は車検が年1回と頻繁にあるので、とても手間もかかります、この辺りはタクシー業界含め多くの旅客事業のデメリットの部分になってしまうので、普及しにくい理由の1つになるのかもしれません。

燃費の節約・環境対策にも

タクシーの燃料が「LPガス」になって、もう20年以上経ちますが、当初この燃料になったのは、やはり燃料費の節約にあったようです。

燃費の節約のためハイブリット車や、電気自動車などをタクシー車両として使用している企業もとても増えていて、大阪市内や神戸の街中でもよく見かけます。

昔と違い現在ではエコや環境対策に対する考えが浸透しており、タクシー利用者もどうせ乗るなら静かで環境に良い「プリウスタクシー」を選ぼうという方もおられます。

当サイトの掲載企業様も「プリウスタクシー」を扱っています。その辺りの取り組みも転職の際のご参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

bottom1