初心者ドライバーの方へ乗客と多く出会えるテクニックをご紹介いたします。

基本的な事ではありますが、常日頃から意識することによって、上達も早まっていくことでしょう。

 

1

「基本は左側を走る」

まずは左車線を走ることを意識すること。

タクシーを利用しようとされるお客様は歩道にいますので、

右車線を走るタクシーは掴まえにくいと感じてたり、実際タクシードライバー側も対応できないことも多いからです。

また、右車線から左車線にいきなり行くのも事故や違反の原因になります。

そういった観点からも初心者タクシードライバーの方は、

「左車線に常にいる」ということを心がけておくと良いでしょう。

 

「信号は先頭で停まる」

乗客としても良くタクシーを利用されていた方は、経験からもお分かり頂けると思いますが、

信号待ちのタクシーを見つけて乗ってくる、または信号を渡ってきて乗ってくる乗客というのは非常に多いものです。

つまり、タクシードライバーはこういった状況をいかに多く作れるかが、

その日の売り上げを達成する為にとても大きなポイントとなってきます。
人の往来が多く、タクシー待ちが発生しやすい交差点では、先を急ぎすぎずに信号待ちになるタイミングを意識するなど、

お客様の視点に立った動き方を意識してみましょう。

「とにかく走る」

 

タクシードライバーをやっていると必ず話題になるのが、付け待ちという言葉。

付け待ちとは、「車(タクシー)を停めてお客様を待つ」という行為です。

 慣れてくると、この「付け待ち」を効率的に行えるかがとても大切になってくるのですが、タクシードライバー初心者の方には、「付け待ちはまだまだ先」と思っていたほうが良いでしょう。

なぜなら、「付け待ち」は街や道を完全に覚え理解していないと、あまり効果が出ないからです。

乗客がほとんど来ないような道にずっとタクシーを停めておくことほど、無駄なことはありませんよね。

 つまり、大事なことは、まずは街や道を覚えること

そして、そのために、まずは「とにかく走る!」これこそが、初心者タクシードライバーの鉄則です。

付け待ちは、「このあたりの街や道は結構覚えてきたな」と思ってから実践するほうが良いでしょう。ただし、それまでは絶対に付け待ちをしてはいけませんということはありませんので、

明らかに車の少ない付け待ちスポットが見つかった場合は、付け待ちの感覚を磨くためにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

「左折、左折、左折!とにかく左折を繰り返す」

タクシードライバーの「左折運転」これは、初心者の基本的な動きです。

大阪市内や神戸市内、都内では、右折不可の道が多かったり、対向車線の混雑状況で右折するのに時間がかかることも多くあります。

左折の場合は、自然と左車線に行くことになるのでお客様も拾いやすくなります。

 お客様が見つかりやすい地域(心斎橋や梅田、三ノ宮の繁華街など)付近のブロックで左折を繰り返すようにしてみましょう。

「アイコンタクトを出来るように心がける」

タクシードライバーがお客様とアイコンタクトをできるようになると、それは初心者から中級レベルへと上達してきている証拠と言えるでしょう。

なぜなら、それは、お客様の意思や動作を意識して行動できている、ということだからです。
タクシー乗客の際の多くは、お客様とドライバーは事前に目を合わせて双方の意思を確認しあいます。

乗客は手を挙げながら「今からタクシー乗車します」と目で訴え、

タクシードライバーは「わかりました、そこで停まりますので乗車してください」と目で訴えます。

そして、そのようなアイコンタクトをうまく取れるようになると、

沢山のタクシーがいるなかでも自分のタクシーが選ばれる、といったことも起きやすくなるのです。

人の流れには常に注意をしておき、自分に意識を向けてきたお客様を見つけたら、

きちんとアイコンタクトで返せるようにすることを意識してみましょう。

はじめはうまくできなくても、回数を重ねるごとにどんどん慣れてくるものです。

この様に様々なテクニックを必要とするドライバーですが、タク転では初心者へ向けたアドバイスや、相談等も取り組んでいますので下記より気軽にお問合せください!

bottom1