伊右衛門おもてなしタクシーを見かけたらラッキー

少し変わった内容をお届けします。

車の屋根からドアから、なにからなにまで、全てグリーンで “和” な雰囲気漂う「伊右衛門 おもてなしタクシー」を見たことがありますか?
8月4日(木)までの期間限定で運行されているこちらのタクシーは、日本交通とサントリーによるコラボレーション企画。

日本交通タクシーの約3400台のうち、たった3台の車に、「サントリー緑茶 伊右衛門」をイメージしたグリーンの塗装とロゴを施して、特注の伊右衛門行灯を設置。

運転するのは、7000名の乗務員から選び抜かれた “おもてなし乗務員” という徹底ぶり!

名前に恥じない「おもてなし」が満載

この「伊右衛門おもてなしタクシー」は、外国人客にも対応できるよう、英語対応可能な車も1日1台のみ運行。
また乗車すると、冷えた「夏の伊右衛門500ml」を無料でプレゼントしてくれるというおもてなし。
暑い日が続く中、こういうサービスがあると嬉しいですね、絶対乗ってみたくなります。

車の中に入ると、「のれん」「風鈴」など日本の夏を思わせるアイテム、そして涼しげな特注の座席シートカバー。
こういったところも、外国の方が喜んでくれそうな仕様になっていて、極めつけは、特製うちわと、専用袋に入ったスリッパも無料でプレゼントしてくれるというビックリサービスまであるみたいです。

肝心のどこに行けば出会えるか?ですが、
この特別なタクシーは、都内23区・武蔵野市・三鷹市で利用することができるそうです。

また、どうしても乗ってみたいと思った方は、全国タクシーアプリから車種指定で呼ぶことができるようなので、一度利用してみるのも面白いですね。

 

bottom1