taxi-night

【勤務体系】

タクシー未経験だけど、どんな仕事なの?という方へ勤務体系について説明いたします。

タクシー勤務体系

ドライバーの勤務体系は複数あり、特殊なものになっています。

わかりにくい勤務体系もわかりやすく説明いたします。

タクシードライバーは、どのような働き方をしているかご存知でしょうか。

タクシードライバーの勤務体系には、大きく分けて4種類あります。
「隔日勤務」という1日働いて翌日お休みというパターンが最も多いのですが、その他にも「昼勤」という昼のみの勤務、「夜勤」という夜のみの勤務、「定時制」というパート雇用があります。

タクシードライバーというと24時間走り続けているイメージがあるかもしれませんが、実際は月間最大12乗務と、1日の休日出勤までと法律で定められています。

隔日勤務では最大21時間の拘束時間が有り、3時間以上の休憩が義務付けられています。
これらは、近年では法律に則って厳しく取り締まられており、ほぼ全てのタクシー会社が遵守しています。

隔日勤務

最も標準的な勤務体系です。

タクシードライバーの勤務体系の中では最も長く、最大21時間となっています。

2日間を1勤務と考え、1日目の勤務が終われば翌日は必ず休みです。

それ以外の日は「公休」と呼ばれ、組み合わせて連休を取得することも出来ます。また、土日のどちらかは必ず休みが取れます。

こういった、一般的なサラリーマンには出来ないような休暇の取り方を活かして、家族との時間や趣味の時間としてそれぞれ余暇を楽しむドライバーが多い様です。

昼勤

昼のみの勤務体系で、月間乗務日数は22~24日です。

勤務時間は最大13時間、休憩は1時間以上と定められており、土日のどちらかが休みになるシフトが多いです。

定年を迎えた方や女性ドライバーなど、無理なく働きたい方にお勧めです。

しかし、タクシードライバーの稼ぎ時は夜間ですので、昼日勤は最も稼ぎにくい時間帯の勤務だと考えても良いでしょう。

夜勤

昼勤と逆の勤務時間となり、昼勤と同じく月間乗務日数は22~24日です。

勤務時間は最大13時間、休憩は1時間以上と定められており、土日のどちらかが休みになるシフトが多いです。

ただし、タクシードライバーの稼ぎ時である夜間を中心に走行するため、昼日勤よりも多くの稼ぎを見込むことが出来ます。

たくさんのお金を稼ぎたい方や、体力に自信のある方にお勧めの勤務体系です。

定時制

パート、アルバイト雇用を指します。
通常の勤務体系の2/3の勤務時間となり、収入は他の勤務体系に比べて最も少なくなると考えられます。

定年を迎えた方などが、再雇用という形で年金を受給しながら無理なく勤務することが多いです。

bottom1