旅客と荷物を「かけもち」?

国土交通省は9月から、バスやタクシー、トラックが、旅客と荷物を運ぶ「かけもち」ができるよう大幅に規制を緩和する。
ドライバー不足を受け、運送事業者を貨物と旅客にそれぞれ特化させてきたあり方を転換する方針。

利用者が減少する地方の交通網の維持を図る狙いもあるようで、
8月上旬にも道路運送法などに関する新たな通達を地方運輸局に出す。

これまでは路線バスに代表される乗り合いバスに限り、旅客と一緒に350キロ・グラム未満の荷物を運ぶことが全国で認められていた。

岩手県や宮崎県のバス会社は、数年前から、宅配最大手のヤマト運輸と共同で「かけもち」事業を行い、バス内に荷物を載せる専用のスペースを設置している。
今回の規制緩和により、荷物の重さの上限がなくなり、たくさんの荷物が運べるようになり新たなサービスや効率化が可能となりそうです。

bottom1