西日本高速道路は31日、近畿圏の高速道路料金が改定される6月3日から、タクシーに限って一部道路を無料にすると発表しました。

自動料金収受システム(ETC)の改修が間に合わず、新料金を車両側で表示できないため、乗客による車内精算が必要なタクシーに対応する。

改修は来年6月までに終える予定。

無料になるのは、近畿道▽阪和道(松原JCT−岸和田本線)▽西名阪道▽第2京阪道路下り(京田辺本線−門真)。

タクシーで乗客がいる場合のみ、運転手が料金所の一般レーンに申し出れば無料になる。

同社は負担を年約3億円と見込む。一般車の場合はクレジットカード会社などが後日、請求する。

 

タクシーで高速道路を利用する際はちょっとお得なニュースですね。

タク転では様々なタクシーに関するニュースをお届けしています!

気になるニュースなど過去の記事から検索してみてください。

bottom1